<< 明日は良い天気に・・・ | main | 離任式も… >>
第56回卒園式

 今日は豊幼稚園の56回目の卒園式の日です。

朝から大変良い天気で、空はきれいな青色です。

 インフルエンザの流行もなく、コロナもなくて、

年長児は全員が出席で、年少・中もほとんどが集まりました。

年長児の保護者も出席し、例年どおりの卒園式となりました。

 

 午前10時よりホールにて卒園式の開始です。

 

(たくさん遊んでもらった年少・中児)

 

まず在園児が拍手で卒園児を迎えます。

司会は主任のH先生です。

 S先生による「開式のことば」があり、

続いて子どもたち全員で「終了の歌」を歌います。

ピアノ伴奏はY先生で、しっかり練習してきました。

子どもたちは大きな声で歌い、成長の跡がうかがえます。

 そして一番大事な「証書授与」です。

年長児が壇上で園長から一人一人証書を受け取ります。

私はこの行為が大好きなのですが、

子どもたちの名前を呼ぶ担任の声が時にうわずったり、
証書を手渡す先生も鼻をすすったり、

みんなが3年間の月日を思い出しているのでしょう。

 

 「園長祝辞」では、「年長児はこれから楽しい人生を過ごすように、

そしてそのための努力もしよう…」といった話をしました。

自然災害も続いて大変な時代ですが、その中でも

楽しい生活を追及してほしいです。

 「保護者会会長祝辞」があり、和服姿の会長のSさんが

子どもたちが幼稚園でいろいろなことを経験し学んだことや

親としての気持ちを具体的に述べていただきました。

子どもたちの成長を喜ぶ気持ちがみんなに伝わりました。

 そして「保護者代表謝辞」があり、Hさんが

お泊り保育や鼓笛のこと、発表会等のことを感想も含め話していただき、

聞いてる側もいろいろなことが思い出されました。

子どもたちの心の成長についても述べられました。

 

 次が子どもたちの番で、「思い出のことば」を大きな声で叫びました。

最後に在園児の「ご卒園おめでとうございます」に対し、

年長児が「ありがとうございます。皆さんもお元気で…」と返し、

エールを交換しました。

 

(もうすぐ一年生の年長児)

 

 「卒園の歌」があり、年長児が大きな声で歌いました。

今年の年長児は歌が大好きで、なかなか上手だと思います。

 

 「記念品贈呈」があり、年長児から園に体操用マットが贈られました。

子どもたちを代表してH君が大きな声で目録を読みました。

落ち着いてしっかりできたと思います。

 さらに保護者会三役さんが壇上に上がり、園にワゴンをそして

教職員全員に対しそれぞれの記念品が渡されました。

 それからA先生の「閉式のことば」で、卒園式が無事終了しました。

ほぼ1時間ほどで予定どおりです。

 学年により子どもたちの様子は少しづつ違いますが、

長時間となる式を子どもたちは最後まで頑張って臨んだと思います。

 

 卒園式の後のことは、また明日に…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:園長 | 21:25 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする