<< 明日は・・・♡ | main | 短い2月 >>
ドキドキの発表会

 昨日の帰りの幼稚園バスの中で、

急に年長のSさんが「明日の発表会、緊張する(と思う)人・・・?」と言うと、

周りにいる子どもたちが一斉に「はい」と手を上げました。

(一緒に乗っていたE先生も・・)。

 発表会は運動会とともに幼稚園の2大行事の一つですが、

運動会とは違った緊張感があるようです。

 

 今日はそのドキドキの発表会です。

天気予報では曇りでしたが、豊幼稚園の行事らしく

朝から青空も見えてきました。

9時ころに子どもたちが集まりだしました。

どうやらこれも豊幼稚園らしく、全員出席のようです。

 

 10時にホールにて発表会が始まりました。

園長のあいさつとして、

「子どもたちがこれからの学生時代も含め、劇に出演する機会はあまりないので

皆さんに役者としての子どもたちの姿を楽しんでほしい・・」と話しました。そして、

「はじめのことば」を年少のSくんとEさんが務め、

 

1.年少組「しりとりたいかいかいさいします」

 本番にめっぽう強いのが年少組で、

練習の時は1〜2名が気分を損ねて舞台袖に隠れてしまうこともありましたが、

今日は全員がしっかり演技しています。

やはり客席に家族がいて張り切ったのでしょう。

 

(ケーキ屋さんチームの優勝!!)

 

内容はしりとりをつなげていくもので、珍しい作品となりました。

 

(歌もよく合っています)

 

最後の歌は「ドラえもん」で、大きな声が出ていました。

 

2.年長鼓笛「美女と野獣」

 ゆったりとしたテンポがかえって難しいのですが、

今日は打楽器もしっかり合っていたように思います。

メロディオンもみなよく指が動いていました。

 

(たくさん練習しました)

 

練習も含め今日が一番良かったようです。

 

3.年中組「からすのパンやさん」

 年少のころと比べ、セリフも演技も増え、仕上げまで時間がかかりましたが、

本番ではみんな笑顔で最後まで頑張りました。

 

(全員カラスです)

 

パンを作るという意味で3人の子どもが前転をする場面で会場が沸きました。

体操教室の効果が出たようです。

 最後の歌は「魔法のおまじない」で、

 

(楽しい歌でした)


3番の歌詞がれんげ組の子どもたちの名前を連呼するもので

クラスとしての一体感が感じられ、良かったと思います。

 

4.年長組「アラジン」
 年長の子どもたちはこの劇が大好きで、

練習の時から全力でやっていました。

今日もすごいエネルギーで年長らしさを出してくれたと思います。

 

(ステージ前も使います)

 

よく見るとかなり細かいところまで工夫して演技しています。

 最後の歌は「みんな友達」で、元気に歌いました。

 

(最後の発表会、最後の歌になりました)

 

合計30分以上の熱演でした。

 

 客席には、お父さん、お母さん、小学生の兄姉、おじいさん、おばあさん・・と

いろいろな方が座席をいっぱいに埋めていましたが、いかがだったでしょうか…。

みんなにとって楽しい思い出になったと思います。

 保護者の皆様には衣装等を用意していただきました。

また子どもたちの健康管理に大いに気を配っていただきました。

ありがとうございました。

 

 私は最近大きな行事が終わると、ぐったりと疲れを感じます。

私自身は初めのあいさつのみでさほど出番はなかったのですが、

子どもたちが楽しく演技できるかどうかやはり心配もありました。

無事終了して、とてもほっとしています。

 ブログを書いているのが夜ですが、気が緩んだのか寒さも感じます。

しっかり疲れをとって2月の幼稚園生活に戻りたいと思います。

ほっとした後のインフルエンザに注意しましょう。

 月曜日は子どもたちが役を変えて「劇遊び」をすることでしょう・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:園長 | 21:22 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする