<< 雪だ〜! | main | いよいよ師走に・・・ >>
年長の体操教室

 今週29日(金)にホールで体操教室がありました。

私は体操教室は年少の様子を見に行くことが多いのですが、

今回はたまたま年長の動きを見ました。

 

 年長児はだいぶ張り切っていて、声も大きく出ています。

講師のT先生にその点を褒められると、

「イチニーサンシ、ニィニッサンシ・・・」と、

さらに張り切って大声を出していました。

 

 そんな様子を見ていると、ふと年長児の2年前(年少のころ)を思い出しました。

小さかったので今のように統率がとれておらず、

子どもたちはホールの外に出ようとしたり、順番を守らなかったり、少しバラバラでした。

 子どもの中にはそれを正そうとして、無理に友達を引っ張ったりする子もいて、

泣いたり喧嘩もしていました。

 それが今では跳び箱・マットの準備も自分たちでするし、

前転とか側転とかいろいろな動きもできるようになって、

ずいぶん変わりました。

幼稚園時における子どもたちの成長はすごいなぁと思います。

 

 

 体操教室の後は、T先生とお茶を飲みながら子どもたちの様子を話しています。

T先生も豊幼稚園での指導が長いので、卒園児のことまで話が及びます。

小学6年生のHさんが幼稚園後も体操を続けていて、

ここで大会に出るのだそうです。

 幼稚園の体操教室で器械体操に興味を持ち、

そのまま続けるのもいいなぁ…と思いました。

 

 

 幼稚園では、1年を通して10月の運動会があったり、11月の作品展、2月の発表会もあります。

これを学校の教科に当てはめると、少し強引ですが、

運動会は「体育」に、作品展は「美術」に、発表会は「音楽」に該当します。

 これらはいずれも人生を楽しむうえでとても役に立ちます。

子どもたちは幼稚園の活動から何かに興味を持って、

それを続けたら素晴らしいし、楽しくなると思います。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:園長 | 21:46 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする