<< みぞれから雪に!! | main | 初!お昼ご飯☆彡 >>
この時期泣くのは・・

 朝起きて心配事がありました。

雪が積もっていないだろうか・・・・・。

昨夜のニュースによると、長野県下の松本とか、

昨日はだいぶ雪が積もったようです。

須坂でも積もると、幼稚園バスは普通タイヤに交換してしまったし、

困ったことになります。

 でも大丈夫でした。屋根は濡れてはいたものの、雪はありませんでした。

 

 今日も寒いので子どもたちは部屋の中で活動しています。

年少児は泣いてしまった子が幾人かいました。

どうしたって我慢しているのだけど、

一人が泣くとそれが呼び水になって他も泣いてしまいます。

昨日まで全然平気だったU君も泣いてしまいました。

 この時期年少児が泣くのはほとんど問題がありません。

大きな環境の変化があって不安が残っているからです。

だんだん慣れてくるでしょう。

送ってこられた保護者の方はお子さんと平気な顔で別れてください。

(6月頃泣いてしまう場合は、むしろ難しいです。)

 

 10時を過ぎてホールで対面式がありました。

 

(プレゼントの品はまだ年長児の背中に・・・)

 

年少児は並んでホールまで歩くのも、大事な練習になります。

 広いホールで年少児の心も開放されたようです。

年長児からプレゼントをもらい喜んでいました。

年長児もだんだん年長に見えてきます。

 

 登降園のバスの中も昨年とずいぶん変わっています。

 

(1番バス)

 

(2番バス)

 

昨年の年長児がいなくなり、重しが取れたかのように、

新年長児が声高に騒いでいます。

子ども達の新たな一面を見たように思います。

 バスの中も幼稚園生活の一部であって、

年少から年長までが交流し合い、楽しく大切な場です。

 

 

* 明日から昼食が始まります。

 ご飯を持たせてください。

 1時30分降園になります。

  帰りの預り保育も始まります。

 連絡はしっかり行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:園長 | 21:04 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする